HONログ

HONログ

人生やビジネスで学びと気づきをもらった書籍を紹介していきます。たまに本以外で役だったアイテムについてもつぶやきます。

MENU

「弱者でも勝てるモノの売り方 お金をかけずに売上を上げるマーケティング入門」がビジネスの特効薬

カズです。

 

今回は上杉恵理子さんの

 

「弱者でも勝てるモノの売り方 お金をかけずに売上を上げるマーケティング入門」

 

について、読後レビューです。

 

これ最近出た書籍で(2019年4月13日)

書店で評価も良くイチオシされてたので

Amazonでポチって購入。1日ちょいで到着。

 

発想から到着まで鬼の速さ。

さすがAmazonプライム。恐るべし。

 

・・・で、さっき読み終わったのですが、

メチャクチャ内容が良かった(役に立つ)ので

是非とも多くの人に読んでもらいたいなーと。

 

特に、タイトルからしてわかりますが

自営業者(店舗運営、フリーランス問わず)、

会社社長さんで、なかなか事業が軌道に乗らないとか

 

「やばい、全く売上が上がらない・・・」

 

という人には必読の内容です。

 

基本的なマーケティング戦略がこれ一冊で学べます。

 

この「弱者でも勝てるモノの売り方~」は

本のタイトル通り、弱者(ビジネス初心者)に

向けて「マーケティングのなんたるか」を

ストーリー形式で1から10まで説明してくれます。

 

登場人物は、「エミ」という女性。

 

あまりネタバレになりすぎないように

物語をかいつまんで言うと

 

エミさんのお爺さんが切り盛りしてた

ワーグナー」という喫茶店を、お爺さんの死を

キッカケに、エミさん一人で切り盛りする事に。

 

ただ、繁盛させようとすればするほど、

裏目に出てお客さんも来ずに、売上も減少。

 

そんな切羽詰まったエミさんの前に

ワーグナーのお客さんでマーケティングが得意な「星」さんが登場。

 

彼のマーケティング戦略をヒントに

エミさんはワーグナーの経営を

リスタート、繁盛させていくストーリーになっています。

 

・・・で、この喫茶店ワーグナー」の

経営再建ストーリーは、軽いタッチなのと

登場人物も多いので、マーケティング云々を抜きにして

 

単純に読み物としても、かなり面白いです。

 

その割に

 

・バリュープロポーションの考え

・STP分析でターゲットを決める重要性

・4P(Produc/Price/Place/Promotion)分析

・プロモーション戦略(SHIP、AIDMA、AISAS)について

・クロスSWOT分析で弱みを強味に変える方法

 

などなど、マーケティングをかじった人なら

一度は聞いた事がある戦略をしっかり話に入れ込んでます。

 

だから、ビジネスに興味が無い人も

楽しんで読みつつ、同時にマーケティング

基礎知識を自然と学習できる作りになってます。

 

僕は仕事上、マーケティング本は

ある程度、興味を持って読めますが、

全く免疫無い人にとっては

 

マーケティング」って言葉自体に

拒否反応を起こす人が多いですからね。

(もしくは興味が全く無いとか)

 

逆に、興味があって勉強しようと思ってる人も、

一般的なマーケティング本は、当然ですが

小説というより解説本や教科書のような本が多い。

 

だから、読んでる途中で挫折する事もあるし、

なかなか書籍の内容も頭に入ってきません。

 

その点で言うと、

「弱者でも勝てるモノの売り方~」は

とにかく面白いし、素人に対して

用語も簡潔に説明されてるので、わかりやすい。

 

読んでる内に僕も喫茶店ワーグナー

一員になって、一緒に経営改善したくなってきます(笑)

 

だから、書いてある内容も

専門用語でもスラスラ頭に入るし

楽しみながらマーケティングの基礎知識が身に付くわけです。

 

例えば、書籍内では

「クロスSWOT分析」のやり方が出てきます。

 

で、今まで僕はクロスSWOT分析

やり方も知ってたし、ちゃんと使えれば

ビジネスにも有効だと確信していました。

 

でも、実際に何をどう分析すれば良いか?

うまく整理出来なかったので、この分析法を

ビジネスで活用した事は無かったのですね。

 

(まぁ、僕の理解力が無いと言えばそれまでですが・・・)

 

でも今回、ワーグナーの経営改善を

クロスSWOT分析に当てはめながら

読み進めていけたので、読み終わった後は

 

自分のビジネスにSWOT分析

どう当てはめれば良いか、道筋が見えてきました。

 

もちろんSWOT分析に限らず、

他のマーケティング用語もその内容も、

かなりかみ砕いて説明されているので

 

マーケティングについて基礎を学びたい」

「何となく知ってるけどマーケティング戦略を実際に活用出来てない」

 

という人には、うってつけの内容だと思います。

 

「売らずに売れる状況」を実現したいなら是非読むべし。

 

以上、「弱者でも勝てるモノの売り方 ~」は

マーケティングの基礎(一通りの専門用語含め)を

140ページの中でしっかりと学び習得出来る内容になってます。

 

僕はマーケティングって

 

「商品を売らずとも勝手に売れてしまう、

そういう状況や環境を作りだしてしまう」

 

ことが、本質だと思ってますが、

まさにこの書籍自体が売ろうとせずに

「勝手に売れてしまう」マーケティング戦略

のっとって出版されてて、僕もその戦略にハマった一人です(笑)

 

だって「弱者でも勝てる」とか

言われたら読んでみたくなりません?(笑)

 

あと、マーケティングさえ学べば、

どんなビジネスでも成功し続けるとは

書籍内で「言っていない」事も評価出来る点でした。

 

マーケティング本なのに、

 

マーケティングだけじゃダメで

自分のビジネス自体を成長させていかないと意味が無い」

 

という部分まで、教えてくれます。

 

確かに、どんな戦略を用いて

自社商品や自分のビジネスで成果を上げても

 

「いつかはマネされてコモディティ化」する日は必ず来ます。

 

プリクラもスマートフォン

最初出た時はオンリーワンでも

少し時間が経てば類似品が出るのと同じく、

 

どんなにオリジナリティあるモノや

サービスを出したところで、いつかは

一人勝ちの市場では無くなってしまうわけです。

 

 

そういった危機を乗り切る方法は

 

①別の新商品を出すか

②今の商品を進化させるか

 

どちらかしか無いわけですね。

 

この点は流石に

マーケティングだけでは

攻略出来ない部分です。

 

このようにマーケティング「だけ」

に頼らず、常に脱コモディティ化出来るよう、

 

ビジネスを積極的に進めていく

「事業の回し方」も本の中では

しっかりと伝えてくれています。

 

この書籍一冊で、マーケティングはもちろん、

商売の「本質」部分も身に付けられます。

 

冒頭では自営業や会社社長さん向けと

言いましたが、モノやサービスを売る、

逆に買う行為は人間であれば誰でもやってます。

 

「何故この商品を買ってしまったのか」

 

このような購買のカラクリも知れるので

「無駄な買い物を控える」ための知恵も

身に付けられる、家計にも役立つ内容になってますね。

 

だから、ビジネスをやってなくても

 

「弱者でも勝てる」

「お金をかけずに」

 

という書籍のフレーズにピンと来た人は

購入して読んでみたら良いと思いますよ(^^)

 

きっと損はしないハズです。

 

P.S.物語の最後に星さんの正体がわかります。

ちょっと推理モノも入った作りになってるので、

ドキドキしながら読んでみてくださいね♪

 

是非参考にしてくれると嬉しいです^^

 

カズでした。