HONログ

HONログ

人生やビジネスで学びと気づきをもらった書籍を紹介していきます。たまに本以外で役だったアイテムについてもつぶやきます。

MENU

スティーブン・キングは人の心の内を暴くのが巧い

カズです。

 

スティーブン・キング

僕が好きな小説家の一人。

 

でも最初から好きだったわけでは無く、

今から10年ちょっと前の20代~から

読み始めるようになりました。

 

なので10代の頃は「ホラー物を書く作家さん」

ぐらいのイメージしかありませんでしたし

 

そもそも、ホラーものが苦手だったので、

積極的に彼の作品を読む気になれなかったのですね(^^;)

 

そんな僕がスティーブン・キング

書籍を読むキッカケになったのは

 

ショーシャンクの空に

 

という映画を見たことが始まりでした。

 

ハートフルな人間模様を描いたショーシャンクの空に

 

ショーシャンクの空に”は

アンディ(ティム・ロビンス)と

レッド(モーガン・フリーマン)主演の

刑務所内で起こる友情と奇跡の物語です。

 

無実の罪で刑務所に収監された

アンディと囚人のレッドの友情や

不自由で不幸な独房生活を送る中で

 

「アンディ自身が見つけ、体現した自由と幸せ」

 

が、映画の中でうまく表現されていて、

見ていて非常に楽しい映画でした。

(最後はハッピーエンドだったのも印象◎)

 

特に劇中でアンディが

レッドに残した手紙の中に

 

「希望はすばらしい。何にも替え難い。希望は永遠の命だ」

 

という言葉がありますが、

映画でこのセリフを見て

泣かない人はいないでしょう。

 

なお、物語自体は刑務所内の話で

暗い印象でしたが、最後は心がホッとする

心温まる終わり方でした( *´艸`)

 

・・・で、こんなに凄い

作品の原作者って誰だろう?

そう思い、映画を見終わった後に

ネット検索して調べたところ

 

まさかのホラー界の巨匠、

スティーブン・キング原作って

書いてるじゃ~あーりませんか(←古い)

 

この瞬間、

 

スティーブン・キング」=「ホラー専門の作家さん」

 

という僕の認識は

 

スティーブン・キング」=「ホラー&情熱物語を書く作家さん」

 

に修正されました(^^;)

 

いや、だって、こんな人情味溢れる物語を

ホラー作家さんが書いてるとは、普通は思いませんよ。

 

そしてこのショーシャンクの空を

見てからスティーブン・キング

ホラーって単なるホラーじゃなくて

 

「心あたたまるホラーなんじゃないか(←?)」

 

と思うようになり、

彼の作品を読み始めたのでした。

 

やっぱり怖い。でも感情移入してしまう程、人情味あふれるキャラ達。

 

さて、「心あたたまるホラー」という

謎の期待感を持って読んだ、スティーブン・キングの作品は以下。

 

シャイニング
キャリー
ザ・スタンド
ペット・セマタリー
ダークタワー
ニードフル・シングス
クージョ
クリスティー
デスぺレーション
ミザリー
トミー・ノッカーズ
ドリーム・キャッチャー
ローズ・マダー
第四解剖室(短編集)
ゴールデンボーイ(短編集。「ショーシャンクの空に」の原作あり)

 

全ての作品がとても面白かったです。

食わず嫌いしてて、どうもすみませんでした(;´・ω・)

 

ホラー作品として

怖いかどうかと言われれば

 

もうメッチャ怖かったですけどね(泣)

 

幽霊や怪物が出る作品、

異世界系、超能力、など

作品によって怖い対象が違いますけど。

 

どの作品も読み進めるにつれて

「ゾッ」とする怖さがあるんですよね・・・

 

背筋が凍るって比喩表現だとばかり

思ってましたが、キングの作品は

読んでて、本当に背筋が凍るぐらい怖い・・・。

 

で、何が怖いかって言うと

出てくる幽霊とか怪物という外見より

 

敵味方関係無く描かれる”心理描写”が生々しすぎて怖いんです。

 

例えば、「クージョ」は、

セントバーナード犬のクージョが狂犬病になり、

トレントン一家(ドナとタッド)に襲い掛かる話ですが

 

普通だったら狂犬病にかかったクージョと

との闘いを前編通して書いて終わりだと思います。

 

もちろん、キングもクージョと

トレントン一家との闘いを書いてますが

「ただそれだけでは無い」のですよね。

 

彼が表現していたのは、

 

・ドナ(奥さん)の浮気によるヴィック(旦那)との心理的すれ違い

・ヴィックのドナへの疑惑と、裏切られた事への落胆や失望

・クージョに襲われる現実を浮気への「天罰」だと怯えるドナの心理

・クージョ自身が正気を失う過程で書かれた人間のように細かい心理描写

 

などの、人間が持つ

細かい負の感情表現や心理的描写。

(クージョは人間では無いけど)

 

特にクージョが狂犬病にかかり

内面の自己と対話しながらも

「少しずつ狂っていく」描写

 

読んでいて胃が「キュッ」となるぐらいの不安に襲われました。

 

このように読んでいて、単に「怖い」では無く

「このキャラはこんな事を考えているのか」

という登場人物の裏の顔が見え隠れするような、

 

キャラクターの心の内を暴いて

表現するのがキングは非常に巧いんですよね。

 

だから、スティーブン・キングの作品は

他のホラー作品と比べても群を抜いて面白いのだと思います。

 

あ、あともちろん怖いだけではありません。

 

クージョも、さんざん怖い怖い言いましたが、

単に”狂犬病の犬VS人間”の話で終わらせず、

 

「予想外のトラブル(クージョ)で見えてくる、家族愛の行方を見守る物語」

 

という「家族愛」と「ホラー」が

見事に融合した物語になっています。

 

物語の最期は僕的には

”かなりショッキング”でしたけどね・・・。

 

また、刑務所のリタ・ヘイワ―ス

ショーシャンクの空に、の原作)のように

ホラーでは無く、心あたたまる話もキング作品にはあります。

 

例えば 

 

グリーン・マイル
アトランティスのこころ

 

などはハラハラせずに読めます。

そして心落ち着く話ですね(^^)

 

まぁ、どんな作品であれ

スティーブン・キングが書いた作品はオススメです。

 

特に初期の頃に僕みたいに

ホラー作品嫌いな人ほど、

是非、読んでみてくださいね♪

 

ハマることを保証します(笑)

 

というかホラーなのに、

感動する作品書けるとか凄すぎる。

 

キング様、尊敬します。

 

今回はここまで。

 

カズでした。

【ご挨拶】本は「あなたの人生を変える」キッカケになる

カズです。

 

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

僕はサラリーマン生活から一転、

現在は独立起業してビジネス展開しています。

 

そして、僕と同じように

 

「ビジネス独立独立したい!」

 

という人を支援する

お仕事をしています。

 

で、今の仕事に就くことになった

「キッカケ」は様々あるのですが、

 

その中の一つが「読書」です。

 

そもそも、僕はサラリーマンで

一生を終えるつもりだったのですが、

 

ビジネス(スタートアップ)系書籍を読み、

「自分で起業する楽しさ」を知ったことが

僕が独立を目指した理由の一つでもあるのですね(^^)

 

だから今では読書は

「僕の人生の一部」

とも言えるぐらい

重要な日課となっています。

 

(とは言え、今は仕事も忙しくて

昔のように毎日読書は出来てないのですが)

 

10代から本を読み続けて学んだ事や気づいた事

 

そんな僕は今30代ですが、

昔から本が好きで10代から

フィクション・ノンフィクション、

ジャンル問わず色々な書籍を見てきました。

 

本の凄いところって

 

「本人に会わずに著者の生きざまや内面を知れる」

「本を読むだけで、先人の知恵や技術が一気に獲得できる」

 

たった数百ページの本の中に

お値段以上の学びや気づきがあるところ。

 

ちなみに・・・

 

「紙のニオイ」とか「質感」も

大好きで、見た目がカッコいい本とか

内容も見ずに購入しまくった時期もあります(笑)

 

音楽CDが全盛(?)だった頃

CDのジャケ買いが流行りましたが、

僕は書籍のカバー買いをやってたわけです(^^;)

 

でも、カバー買いのおかげで(?)

当時なら絶対に買わないし読まない

”哲学”や”エッセイ”などにも触れる機会もあり

 

色々な分野の書籍を読み、

多角的な考えに触れる事も出来たのですね。

 

結果的に10代~20代の頃に

人生観や思考の幅も大きく広がり

僕の人生の糧にする事が出来たので

 

カバー買いが、僕の人生を変えたと言っても過言では無いですね(笑)

 

人生を変える手段として本を読もう

 

 まぁ、そんなこんなで

定期的に本を買いって読み続け

20年以上が経ったわけですが、

 

その中には

 

・僕の人生観を変えたもの

・ビジネスで結果を出すために役立ったもの

・人間的な成長の学びや気づきになったもの

 

など、僕のライフスタイルを

良い意味で変えるカギになった、

そんな書籍もたくさんありました。

 

なので、このブログでは

 

僕が読んできた(今も読んでいる)書籍から

 

・仕事のスキルアップに役立った書籍

・人生の良いスパイスになった書籍

・新しい知恵や考え方を学んだ書籍

 

 などを、ご紹介していこうと思います。

 

あとは、たま~に書籍以外で

購入して良かった!みたいなネタも

公開していこうと思っています。

 

割とマイペースに書いていきますが、

是非ともご覧いただければ嬉しいです^^

 

ということで、

これからどうぞ宜しくお願いします。

 

P.S.このブログを見ている人の多くは

読書が好きだと思うのですが、中には

 

「色々な本見ていきたいけど、読書が苦手」

 

みたいな人もいるかもしれません。

 

 

そういう場合は、僕が昔やってたみたいに

書籍のカバーや雰囲気(ジャケ買い)を薦めます。

 

ジャケ買いは、何故か良い書籍に出会える確率高いです。)

 

あとは、何が興味がもてるジャンルか

読んでみて初めてわかることも多いので、

 

とにかく色々な書籍を食わず嫌いせず、

まずは「ジャンジャン読んでいく」と良いですよ^^

 

あなたのより良い読書ライフを願って。

 

参考にしていただければと思います。

 

ではカズでした。

プライバシーポリシー

■個人情報の利用目的

当ブログ(HONログ)では、メールでのお問い合わせへの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。

これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどで、ご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

 

■個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

 

・本人のご了解がある場合

・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

 

■個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

 

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

 

■広告の配信について

HONログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

 

■免責事項

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

■プライバシーポリシーの変更について

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。

修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。